代表取締役からのメッセージ

当社は2030年に
現在の売上高を倍増させる
という大きな目標を
抱えています。

代表取締役

|

湯浅 拓哉

北海道新幹線が函館から札幌まで延伸開業
するのが2030年と言われております。
当社はその2030年に現在の売上高を倍増させる、という大きな目標を抱えています。
具体的には北海道エリア全ての歓楽街で、No.1の情報量を持つ媒体を成立させること。
日本の三大歓楽街の一つと称される「すすきの」を中心に、
旭川、函館、帯広、釧路、苫小牧、北見の道内7拠点が当社の事業領域です。

2020年は新型コロナウィルス感染症の拡大により
世界的に「人」「経済」に多大なる打撃を
与えました。
我々の事業領域でもある「歓楽街」もその打撃を受けた業界の1つでもあります。
これまでも世の中の出来事で受ける経済的な打撃は経験してきました。
2008年リーマンショック
2011年東北大震災
2018年胆振東部地震によるブラックアウト
しかし、2020年においてはこれまでに経験したことのない打撃でした。
弊社はこれまでの苦難の経験から、業界全体と一致団結することを学びました。
今はまさに「戦の真っ只中」、この戦いは業界と共に勝ち抜く戦いです。
6月度月商は過去にない程減少致しました。
しかし、一度も赤字の月は発生しませんでした。
そして底を着いた6月度からは着実に売上回復が進んでおります。
この結果は100年に1度と言われる恐慌下において我々に「生き残れる自信」を与えてくれました。
そしてここからは2021年に向けて這い上がる期間に向かっていきます。
この厳しい時代を僕らと共に「勝ち進む」気持ちをお持ちの方、ご応募をお待ちしております。

代表取締役 湯浅拓哉

経営理念

夜の歓楽街で働く人・遊ぶ人に情報を提供する
日本最大級のインターネットメディアを創る

遊ぶユーザーに安全かつ正確な情報を提供する
運営する顧客に効果の高い商品を提供し宣伝活動をサポートする
働く人々に安心して働ける環境を適切に選択する為の情報を提供する

イング北海道はIT広告業を営み、顧客の価値を高める会社です。
そのために我々は「自己の成長」と「商品の強化」と「会社の発展」を追求し、
明るく健全な地域社会づくりに貢献します。
また、我々の目指す広告業の形は以下の3つである。

遊ぶユーザーに安全かつ正確な情報を提供する
運営する顧客に効果の高い商品を提供しお宣伝活動をサポートする
働く人々に安心して働ける環境を適切に選択する為の情報を提供する

わが社の行動指針は全て「どうお客様のお役にたてるのか」という考えに基づいてあり
わが社及びわが社の写真、媒体がお客様から必要とされる存在に成長していかなければいけません。

そのために我々は、お客様が店舗経営していく上で必要となる宣伝媒体と技術を全て揃え
社員ひとりひとりがわが社の方針や商品に対する理解を更に深めることにより
お客様に当社との取引を最大限に活用して頂けるようにサポートしていきます。

その上で、いまいちど業界における法律や規則などの
基本的なルールに従って事業活動を行い(コンプライアンス)、
謙虚に誠実に、誰からも後ろ指さされず、ど真ん中を歩いてビジネスをしてゆくことを
基本理念として掲げ、安心かつ信頼出来る情報をユーザーに提供し
わが社のお客様がこの業界で永く店舗経営をしていける環境づくりを目指していきます。